フィリピン入国情報、必要書類、アプリ、登録方法まとめ

フィリピン入国 Traze登録Lifestyle
スポンサーリンク

フィリピン入国解禁されたことを知っている方も多いと思いますが、実際大丈夫なの?入国できるの?と様子見をしている方も多いのではないでしょうか。

Twitter、Facebookを見ていると結構な数の方が無事入国されています。

無事入国された方の情報と、必要書類、アプリ、登録についてお届けします。

※皆さんが一番気になっている木下グループでの入国可否についての情報を集めました。
わたしの知人も5月に入り木下グループで入国しています!

Youtube動画はこちらから。

Twitter情報はこちらから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

外務省 海外安全ホームページ

フィリピン入国関連情報をまとめました。結構な人が現状でもフィリピンに入国しているようです。

Twitter情報も併せて乗せおります。

まずは、外務省ページ情報。

2022年3月3日時点
■フィリピン
当面の間、全ての在外公館における新規査証発給を原則停止する。ただし、日本を含む157の査証免除対象国・地域からのワクチン接種完了者(※1)で滞在期間30日以内の商用又は観光目的の短期渡航者は、旅券の残存有効期限が6か月以上確保され、復路便の予約証明を提示でき、海外旅行保険(最低補償額3万5千米ドル)に加入している限り、査証無しでの入国が可能。また、有効かつ既存の査証を所持するワクチン接種完了者の入国は許可する。所持している有効な査証が短期渡航者ビザ(9(A))の場合は、フィリピン外務省発行の「入国禁止措置からの免除書類」(※2)を提示することを条件に入国を許可する。
※1 渡航開始日時より14日以上前に、接種が2回でセットとなっている種類のワクチン(ファイザー製等)又は1回で完結するワクチン(ジョンソン・エンド・ジョンソン製等)の接種を完了していること。詳しくは在京フィリピン大使館に御確認ください。
※2 当該査証の発給に関係した官庁からの推薦に基づきフィリピン外務省が発行する書類。詳しくは在京フィリピン大使館に御確認ください。
(海外安全ホームページ)

フィリピン入国前情報

フィリピン入国時情報

Twitterでは、フィリピン入国した報告がそれなりの数確認できています。

フィリピン ビザ延長 / フィリピン ビザ更新

Twitterでは、ビザ更新情報も。入国できてもビザの延長できなければ意味がない。という方も多いのでは。ちゃんとビザの更新できるようです。

フィリピン入国時 ワクチン接種証明書

フィリピン入国のための書類 ① ワクチン接種証明書はスマホで簡単に申請できます。

フィリピン入国 ワクチン接種証明書

おそらく解説動画です。↓

フィリピン入国 保険の英文証明書

フィリピン入国のための保険の英文証明書。350万円分の医療保険が必須です。

コロナ過のため、どの保険会社でも英文証明書を発行してくれるようです。事前に忘れず、印刷しておきたいですね。

フィリピン入国 保険の英文証明書

エイチ・アイ・エスの海外旅行保険たびともは、マイページから英文証明書が発行できます。

フィリピン入国 Traze登録

フィリピン入国のためのアプリ。Tarazeは、新型コロナウイルス感染者との接触追跡を行うスマートホン用アプリ(TRAZE)です。

これは、全ての出発・到着客に対し、事前に同アプリをダウンロードし、必要情報を登録しておくことが義務付けられています。

スマホじゃない方は詰みましたね。

フィリピン入国 Traze登録

Youtubeの解説動画はこちら。

フィリピン入国のためのTraze登録方法。

フィリピン入国 One Health Pass登録

フィリピン入国のための登録。フィリピン入国のために、One Health Pass登録が必要です。どきついホームページですが、こちらから登録できます。

フィリピン入国 One Health Pass登録

PCR検査 陰性証明書 英文

フィリピン入国のためのPCR検査陰性証明書の英文版。

下記は、クリニックフォアさんです。田町院、大手町院、飯田橋院があるので、都内の方はおすすめです。陰性証明書の英文は、PCR検査が可能なクリニックならある程度いけそうです。

フィリピン入国 PCR検査陰性証明書

フィリピン入国のための陰性証明書も実績あるとのこと。

フィリピン入国 PCR検査陰性証明書2

情報見かけたら追記していこうと思います。

よく読まれている記事。
フィリピンの河川は、世界トップレベルの汚染度だったという話。

Our World in Data 海洋のプラスチックごみについて

フィリピンのお札の人物について調べたら、いたたまれない気持ちなった話。

LifestyleNews
スポンサーリンク
フィリピン情報サイト
タイトルとURLをコピーしました