フィリピンの歴史を知ろう。1,000php紙幣の方について

Lifestyle
スポンサーリンク

日本でも、海外でも、紙幣に選ばれる方は、その国にとって偉大な方になります。もちろんフィリピンでも同様です。今回、軽い気持ちでフィリピンの紙幣に選ばれている方ってどんな人なんだろう?と思い調べてみましたが、当時の時代背景や、歴史についても知ることになり、複雑な心境になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィリピン紙幣に乗っている方は、どんな方?1000ペソ紙幣には3名の方はどんな方?

ちなみに、旧紙幣、新紙幣でも3名の方はかわりません。3名の方のお名前は、José Abad Santosさん、Vicente Limさん、Josefa Llanes Escodaさんで、フィリピン大統領代行であったり、アメリカ陸軍士官学校を始めて卒業したフィリピンの方だったり、コロンビア大学を卒業した活動家で、皆さん超偉大な方達です。

偉大で聡明な3名
José Abad Santos
ホセ・アバド・サントス
抗日の英雄司法長官、最高裁判長官をへて、
フィリピン大統領代行に
Vicente Lim
ヴィセンチ・リム
アメリカ陸軍士官学校卒業性 アメリカ陸軍士官学校
フィリピン初の卒業生
Josefa Llanes Escoda
ホセファ・リャネス・エスコダ
フィリピンガールスカウト
の創設者
コロンビア大学を卒業し
女性活動家に

※こちらの3名の経歴は、第二次世界大戦や、日本軍などの要素も入りますし、間違い等あると思いますので、ご容赦の程お願いいたします。

José Abad Santosさん (ホセ・アバド・サントスさん) について

第二次世界大戦時には、フィリピン大統領代行にまで任された方です。

紙幣では、左上に位置している方になります。

アメリカに留学、ジョージワシントン大学にて修士号取得、司法長官になり、最高裁判所の陪席判事、最高裁判所長官、そして、第二次世界大戦時の非占領地域の「フィリピン大統領代行」に任命されています。

( ジョージワシントン大学は、広島大学や、東京医科歯科大学、神戸大学のような優秀な大学と同等の大学となります。世界大学ランキング(QS World University Rankings)より。 お兄さんは、フィリピン社会党の創始者のため、優秀なご家族なんだと思います。 )

また、ホセ・アバド・サントスさんは、大統領代行時代、当時占領していた日本軍の協力を拒否し、日本軍により銃殺刑に処されています。

当時の勇敢な姿勢から抗日の英雄と評価されています。

詳細は、Wikipediaより。

Vicente Limさん (ヴィセンチ・リムさん) について

フィリピンの方で初めてアメリカ陸軍士官学校を卒業し、フィリピン陸軍准将であり、第二次世界大戦の英雄と称された方です。 紙幣では、右上に位置している方になります。

中華系フィリピン人であり、Philippine Normal University卒業後、アメリカ陸軍士官学校に入学しています。その当時には、後のフィリピン連邦大統領になる米国駐在長官のマニュエル・L・ケソンとも出会っています。

卒業後は、第一次世界大戦でヨーロッパに、その後フィリピンにて、サンペドロ砦、コレヒドール要塞の任につき、フィリピン陸軍士官学校の前身のアカデミーで講師を経て、アメリカの軍事学校や大学にも配属されています。

フィリピン連邦が設立され、フィリピン陸軍が設立されると、フィリピン陸軍の准将、陸軍参謀長に任命されます。

その後、第二次世界大戦にて、日本軍に捕縛され行方不明とされています。

詳細は、Wikipediaより。

Josefa Llanes Escodaさん (ホセファ・リャネス・エスコダさん) について

フィリピン大学を卒業し、アメリカの超難関大学のコロンビア大学に入学、社会学を専攻し修士号を取得されてる才女となります。全米女性クラブ連盟(NFWC)で事務局長を努め、フィリピンのガールスカウトの創設者です。

彼女もまた日本軍に捕縛され処刑されています。

詳細は、Wikipediaより。

書きにくい事も多々あったので、抜粋としました。本当に何気なく使っていた1,000ペソですが、複雑な心境です。

歴史の解釈は色々あるかとは思いますが、勉強になりました。

何卒応援お願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

【おすすめ記事】

河川から海に流れるゴミの大半は、フィリピンの河川から。

Our World in Data 海洋のプラスチックごみについて

【PR】

年末年始のご留学を検討中の方はこちらから。

【PR】

セブ島のコンドミニアムの家賃をさくっと比較したい方はこちらから。

セブ島賃貸 家賃情報
Lifestyle
スポンサーリンク
フィリピン情報サイト
タイトルとURLをコピーしました