セブへの投資は実際のところありなのか?

Business
スポンサーリンク

成功には多くのリスクが必要です。例えばあなたが目の前の水を確認しなければ、その水がどれほど浅いか深いかを知ることはできません。それを知るためには、適切な計画と徹底的な調査が必要です。有名な賢者はかつて言いました。あなたはそのバスケットに何が起こるかを見極めていれば、すべての卵を1つのバスケットに入れることができる、と。
あなたがセブに投資するかどうかを考えているならば、その決断を下すのに役立つ5つの事実を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.急成長する観光産業

毎年、セブだけで、国内外の何百万人もの旅行者が訪れています。運輸省-7によると、昨年2019年には550万人の観光客がセブに訪れたと推定されています。南のクイーンシティは、その名の通り、長年にわたって多くの国際的なコンベンションや展示会を開催しています。美しいビーチ、豪華なホテルとリゾート、壮大なダイビングスポット、遺産、活気のある文化など、セブは世界中の観光客にとって最高の選択肢です。

2.堅実な経済

2019年、フィリピンは3番目に投資に適した国としてランクされており、 2番目に大きい都市であるセブは、最も繁栄している都市の1つです。セブは、国の家具の首都と呼ばれ、家具、ギターやウクレレのような楽器、ファッションアクセサリー、家庭用品などの輸出品をリードしています。また、何百もの情報技術(IT)およびビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)企業の拠点でもあります。実際、2018 Tholonsのサービスグローバリゼーションインデックスでは、セブはアウトソーシング先の「スーパーシティ」としてトップ11に選ばれました。市内の新しいビジネスや開発の急増に伴い、投資家は今後数年でのセブの経済に目を見張っています。

3.アクセシビリティ

国の中心に位置するセブは、投資に最適な戦略的な場所にあり、周辺の他の島々への主要な交通機関です。最近では、この島は首都マニラよりも高い、フィリピンの島間輸送能力の80%以上の拠点となっています。
さらに、州政府はまた、他の国との接続を強化しており、国内および世界中の多くのフライトの目的地としようといています。

4.質の高い労働力

セブ市内は教育機関の評判が良く、地元の人々は、仕事と生活のバランスをとるだけでなく、世界的な競争力も身につけるために高度な訓練を受けています。彼らが持っている各々の才能とは別に、フィリピン人はどんな職場環境にもほとんど適応できます。実際のところ、この国で最も生産的な労働力はセブにあります。

5.国内移民の増加

セブでの国内移民は毎年増え続けています。その大都市の特性により、ビサヤ州とミンダナオ州の人々が移転するようになり、不動産業界はそれに目をつけ、資本化しています。
現在、さまざまな地域でより多くの住宅用建物が開発されており、韓国、日本、中国の外国人入国の上位3国は、コンドミニアムユニットを購入すると報告されています。

タイトルとURLをコピーしました