サージカルマスクを正しく着用する方法

Health
スポンサーリンク

現在、世界中が武漢コロナウイルスの蔓延に直面しており、多くの人がこのウイルスの感染を防ぐ方法を気にしています。

世界的には、9,320人が感染しており、執筆時点で中国の死亡者数は203人に増加しています。

そして昨日(2020年1月30日)、フィリピンは新型コロナウイルスの最初の症例を確認しました。

フィリピン人がサージカルマスクを購入するために列を作っており、多くの場所で在庫切れになっているのはそのためです。

外科用マスクは、大きな粒子の液滴や飛び散りが着用者の口や鼻に触れるのを防ぐように設計されているため、ウイルスの感染を減らすのに役立ちます。また、着用者の唾液や呼吸器分泌物が他人にさらされるのを減らします。

しかし、実際にサージカルマスクの正しい着用方法を知らない人は、少なくありません。

手術用マスクを着用する方法は2つある?

サージカルマスクを着用する2つの方法があるというデマ情報が、Facebook、Twitterなど、インターネット上に広がっています。

サージカルマスクの正しい着用方法は一つのみで、それは色の付いた面を外側に向けることです
またそれは、病気にかかって、細菌を拡散させたくない場合か、感染を防ぐために着用する場合かは関係ありません。

青色、緑色、または紫色など色付きの面を外側に向けて着用します。

外側の層は疎水性、または液体をはじく層で、内側の層は水分を保持しますが、これは呼吸する空気に水分が含まれているためです。

通常、細菌をろ過する中間層もあります。

着色層には、細菌が付着するのを防ぐ目的があります。しかし、マスクを逆に着用すると、空気からの湿度がマスクに付着し、細菌がそこに留まりやすくなります。マスクは口と鼻の両方を完全に覆う必要があり、マスクは1回使用したら捨ててください。

タイトルとURLをコピーしました