フィリピンで法人事業を始める方法

Business
スポンサーリンク

フィリピンでビジネスを始める時、従業員雇用時の銀行口座を開設することに加えて、登録しなければならない政府機関がいくつかあります。事業を開始するまでに法律上の問題を回避するためには、会社の登録が必要です。以下で、フィリピンで新しいビジネスを正しく登録するために必要な手順を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.証券取引委員会(SEC)で会社の名前を確認します

まず最初のステップは、弁護士が会社の定款および付属定款に取り組んでいる間に、証券取引委員会(SEC)に希望する会社名を登録することです。

2.証券取引委員会(SEC)に登録する

 以下の文書要件が完了すると、登録のために申請書をSECに提出することができます。

名前の予約と支払いフォーム
定款および定款
会計係の宣誓供述書
SECフォームF-100(外国資本が40%を超える企業向け)

SECによる登録は、文書を提出してから10〜15営業日かかります。

3.内国歳入局(BIR)に登録する

企業は、SEC登録後に納税者識別番号(TIN)を受け取り、口座帳簿を登録し、フィリピンの国税当局である内国歳入局(BIR)からの公式領収書の印刷許可を申請する必要があります。

4.市長またはビジネス許可の取得

ビジネスを保護するには、次の書類が必要です。

・SEC登録、定款、および定款
・ ロケーションクリアランス
・リース契約
・バランガイクリアランス
バランガイクリアランスとは、会社/事業所が所在するバランガイから取得されるもので、支払いは、会社の払込資本金に加えて、バランガイごとに異なる可能性のある税金、保険、およびその他の費用の合計額に影響します。必要な基本文書は、会社とその登録事務所の賃貸人との間の公証リース契約です。
・ 会社の地域税証明書(CTC)を取得する
 バランガイ事務所または市役所で入手します。わずか1日ででき、料金は最低P500です。

これらは市役所のビジネスライセンスオフィスで行われ、約2週間で完了します。最大でかかる手数料は、申告した資本に依存しますが、少なくともP10,000を準備します。上記の文書とは別に、特定のフォームと仕様を提出する必要があります。チェックリストについては、ライセンスオフィスにお問い合わせください。

4.従業員を登録する

すべての処理に約2週間かかります。法律で義務付けられているように、社会保障制度(SSS)、労働雇用省(DOLE)、住宅開発投資基金(HDMF)、およびフィリピン健康保険公社(PhilHealth)に、従業員(あなた自身を含め)を登録する必要があります。

このステップバイステップガイドは、単純化された要約であり、特に特別な許可とクリアランスを必要とする企業の場合、他のステップが必要になる場合があります。

記載されている提出期間と料金は、個人的な経験に基づいています。最近その国で会社を登録し、上記で書いたものとは異なる経験がある場合は、コメントとして共有してください。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました