フィリピン コロナ(COVID-19)情報について

外務省ページライフスタイル
スポンサーリンク
外務省ページ

ちなみに、2020年の2月時点では、日本からフィリピンにはちゃんと入国できます。ただし、3月以降、経由便は避けたほうがいいと思います。

日本人に対する渡航制限がある国はこちら。

1.ミクロネシア, 2.サモア, 3.キリバス, 4.ツバル, 5.ソロモン諸島, 6.コモロ, 7.イスラエル, 8.イラク, 9.クウェート, 10.サウジアラビア, 11.モンゴル

日本人に対する行動制限がある国はこちら。

(1)カザフスタン, (2)リベリア, (3)インド・ケララ州, (4)タイ, (5)オマーン, (6)英領ジブラルタル, (7)台湾, (8)マルタ, (9)セントビンセント, (10)セントルシア, (11)中国, (12)トルクメニスタン, (13)キルギス, (14)仏領ポリネシア, (15)シエラレオネ

フィリピンでもマスクが値上げされていたり、品薄が続いていたりしています。

また体温チェックは頻繁にされており、アルコール消毒についても、至るところで実施されている印象です。

日本よりも厳格に対応しているイメージですが、問題は、病院に通うことができない人達がいるので、その人達が感染していてもわかならいのでは???という恐怖はあるかもしれません。

ただし、個人的には、日本よりもフィリピンの方がコロナウィルス対策としては、安全なのでは?と思っています。

ちなみに、私は、2月21日にセブ島に直行便で入国しましたが、無事入国できました。

今後は、日本からの入国にも制限がかかってしまうかもしれません。

セブ島の場合、移動時間や、手間、お金がかかってしまうかもしれませんが、成田や関空に移動しての直行便で入国されたほうがいいかもしれません。

【POINT 1】 フィリピンが日本よりも安全だと思う理由→すみません、全然安全じゃありませんでした。

下記のように思っていましたが、今となっては全然日本が安心です。

1.日本では入国禁止措置がない。フィリピンは、1月の時点で入国禁止措置を発表

2.入国審査、体温チェックが一応ある。日本はある??

3.アルコール消毒が好き。手で食べる文化もあるため、手洗いや、手の消毒がマメ。

4.マスクやアルコール消毒類が購入可能

【POINT 2】 フィリピンの懸念点

1.体調が悪くても検査している人が少ないのではと不安

2.ちゃんと検査、もしくは検査機関へ連絡されているか不安

それでは、情報羅列していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは、フィリピン情報から。日本の外務省ページより。

【 フィリピン最新情報 】 韓国にも入国制限、渡航制限が追加。

◩外務省ページの原文

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関し,2月26日(フィリピン時間),フィリピン政府は,新興感染症に関する省庁間タスクフォースを開催した後,韓国大邱広域市及び慶尚北道清道郡に係る入国・渡航制限を直ちに課すことを決定しました。

https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=79343

【 フィリピン最新情報 】 外国人は入国、乗り継ぎも不可。永住ビザ所有者や配偶者等は、検疫期間が必要。

中国香港マカオに加えて、韓国韓国大邱広域市及び慶尚北道清道郡が追加されています。乗り継ぎされる方はすくないと思うので影響ないかもしれませんが、大邱国際航空を経由して、フィリピンに入る方は注意が必要です。

① 外国人のフィリピンへの入国制限について

◩外務省ページの原文

永住ビザの所有者,フィリピン人の外国人配偶者又は子供,外交ビザの保有者以外の外国人は,過去14日間以内に中国香港マカオ韓国大邱広域市及び慶尚北道清道郡に滞在歴のある場合は入国及び乗継ぎ禁止

https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=79343

② フィリピン人の配偶者や永住ビザの所有者等の入国制限について

◩外務省ページの原文

過去14日間以内に中国,香港,マカオ,韓国大邱広域市及び慶尚北道清道郡に滞在歴のある永住ビザの所有者,
フィリピン人の外国人配偶者又は子供,外交ビザの保有者の外国人は,14日間の検疫を条件として,入国が認められる。

https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=79343

【重要】 フィリピンの方も渡航禁止措置。(宣誓書等の例外あり。)
③ フィリピン国民に対する渡航制限について

◩外務省ページの原文

フィリピン国民については,中国(香港,マカオを除く)への渡航を禁止
フィリピン国民のうち,香港マカオ韓国の永住者,これら国・地域への留学生,これら国・地域への労働者以外の者については,これら香港マカオ韓国への渡航を禁止。 
フィリピン国民のうち,香港,マカオ,韓国の永住者,これら国・地域への留学生,これら国・地域への労働者については,関連するリスクについて認識し,理解したことを示す宣誓書に署名することを条件に,これら香港,マカオ,韓国に渡航することが認められる。

https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=79343

引用:外務省 海外安全ホームページより こちらから。

次は、厚生労働省より。

フィリピンでは、3名の発症、1人死亡との発表になっています。

また、ダイヤモンドクルーズ船内のフィリピン人スタッフの方の中にも陽性反応出た方がいて、その方達は日本で入院、陰性反応の方達は、フィリピンに帰国して隔離されるようですね。

航空会社のキャンセル規定について

フィリピンエアラインでは下記のように記載されていました。

中国本土、香港、マカオ、台湾への離発着フライトを変更/返金することはできますか?
中国本土(アモイ、晋江、広州/広東、上海、北京)、香港、マカオへの離発着フライトで、出発日が2020年3月28日までのご返金は運賃規則に基づく料金を免除といたします。運休が終了次第、中国本土、香港、マカオのフライトは運航する予定で、航空券の有効期間以内に日付変更、経路変更も可能です。これに関わる運賃規則に基づく料金は免除といたします(運賃差額や税金差額が発生する場合は別途徴収)。2020年3月28日以降の運航の有無に関しては現段階では定まっておりません。

https://www.philippineairlines.com/ja-jp/jp/home/faqs/2019novelcoronavirusncov

台湾線のフライトで当初2月11日から3月28日まで欠航となった航空券をお持ちの方は2月21日より運航を再開する台湾線への変更、または経路変更も運賃規則に基づく料金は免除といたします(運賃差額や税金差額が発生する場合は別途徴収)。

https://www.philippineairlines.com/ja-jp/jp/home/faqs/2019novelcoronavirusncov

その他の地域へのフライトの変更/返金に関しては航空券の運賃規則に従います。その場合、運賃規則に応じた、料金や税金差額が発生します。

https://www.philippineairlines.com/ja-jp/jp/home/faqs/2019novelcoronavirusncov

空港での追加対応の為の準備はありますか? 新型コロナウィルス感染症への追加の対応の為、ご出発のお客様は以下の時間までに空港へお越しください。

https://www.philippineairlines.com/ja-jp/jp/home/faqs/2019novelcoronavirusncov

マニラ発国際線は出発予定時刻4時間前まで
その他の国際線は3時間前まで
フィリピン国内線は3時間前まで

https://www.philippineairlines.com/ja-jp/jp/home/faqs/2019novelcoronavirusncov

実際には、マニラ直行でフィリピン入りする、セブ島直行でフィリピン入りすることが無難ですね。あとは、日本からの入国禁止になった時どうなるか。。。

日本では、検査数が少ないとか言われていますので、今後検査数が増えてきたときに、フィリピンが入国禁止措置を取る可能性も少なくはないかと思います。

世界各国、フィリピンのコロナ情報・時系列について

時系列にてまとめています。

【重要】 発症報告は12月
WHOへの報告は、12月31日

12月31日:[中国] 原因不明の肺炎、集団感染とのことで、中国WHOに報告が入る

1月1日: [中国] 発生源と疑われる海鮮市場が閉鎖される。 (厚生労働省検疫所HPより

1月3日: [中国] 原因不明の肺炎患者44名がWHOに報告される。うち、11名が重症。

1月5日: [中国] WHOが中国武漢にて、原因不明の肺炎の発症を発表。

2020年1月5日、世界保健機関(WHO)は,中国湖北省武漢において原因不明の肺炎が発生したことを発表しました。2020年1月3日現在、44例が報告されており、うち11例が重症、33例は安定した状態であり、全ての患者は武漢の医療機関に隔離され,治療を受けているとのことです。
中国の調査チームからの予備的な情報によると、重大なヒトからヒトへの感染の証拠はなく、医療従事者への感染も報告されていないとのことです。

https://www.forth.go.jp/topics/20200107.html

1月9日:[中国] 新型コロナウィルスと発表される。

1月11日:[韓国] 韓国で武漢から訪問した中国人女性の感染が疑われる。(結果陰性。)

1月13日:[タイ] タイにて新型コロナウィルス確認( 中国湖北省武漢市在住の61歳の中国人女性 )

2020年1月13日にタイの保健省(the Ministry of Public Health;MoPH)は、検査確定された新型コロナウイルス(2019-nCoV)の中国湖北省武漢市からの最初の輸入例を報告しました。

症例は中国湖北省武漢市在住の61歳の中国人女性です。2020年1月5日に、悪寒を伴う発熱、咽頭痛、頭痛が出現しましたが、2020年1月8日に、16人の団体旅行者の中の1人として、5人の家族とともに武漢市からタイへの直行便の飛行機に乗りました。熱性疾患を有するこの渡航者は、タイのスワンナプーム空港(Suvarnabhumi)で、温度によるサーベイランスによって同日発見され、その日に入院となりました。空港で体温の検査と初期評価を受けた後、詳細な検査と治療を受けるため病院へ運ばれました。

https://www.forth.go.jp/topics/20200129.html

【重要】 日本の神奈川にて初の症例確認

1月14日:[日本] 日本で初めて症例が確認される。武漢からの帰国者。

1月14日、神奈川県内の医療機関から管轄の保健所に対して、中華人民共和国湖北省武漢市の滞在歴がある肺炎の患者が報告されました。この方については、1月6日にご本人が医療機関を受診した際に、武漢市の滞在歴の申告があり、その後、原因が明らかでない肺炎等の患者に係る、国立感染症研究所での検査制度(疑似症サーベイランス)に基づき報告されたものです。
 当該患者の検体を国立感染症研究所(村山庁舎)で検査したところ、昨日(1月15日)20時45分頃に新型コロナウイルス陽性の結果が得られました。新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生が国内で確認されたのは初めてです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08906.html

【重要】 1月11日、12日の時点では、3日以降に新たな感染者はいないとされていた。

この時はまだ世間的にも知られていませんでしたよね。

1月11日と12日に中国当局からWHOに提供された情報によると、新型コロナウイルスに感染した41人の症例が武漢市で暫定的に診断を受けています。報告された41人の症例のうち、7人が重篤な症状を呈しました。このうちの一人、他の重篤な基礎疾患をもった患者が上述の死亡例です。他の6名は退院しています。41名の確定例の発症は2019年12月8日から2020年1月2日の間で、1月3日以降は新規症例は見つかっていません。

https://www.forth.go.jp/topics/202001201520.html

【重要】 1月20日には中国全土に拡散した可能性有り

1月20日: [中国] 北京、上海、広東省にて感染者確認。

(この時点で、韓国、日本、タイにて症例確認がされています。また、人から人への感染も確認)

【重要】 感染症危険レベルの引き上げと武漢封鎖

1月23日: [日本] 外務省から感染症危険レベルの引き上げが発表される。レベル2。

【危険度】
●中国湖北省武漢市
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き上げ)
●上記以外の地域
レベル1:十分注意してください。(継続)

https://www.forth.go.jp/topics/20200123.html

1月23日:[中国] 中国当局が武漢を封鎖。

1月24日: [日本] 外務省から感染症危険レベルの引き上げが発表される。 レベル3。

●新型コロナウイルスの感染症例が複数の国・地域から報告されています。
●湖北省に対して感染症危険情報レベル3「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を,中国のその他の地域に対して感染症危険情報レベル1「十分注意してください」を発出しています。

https://www.forth.go.jp/topics/202001271347.html

1月27日:[中国] 団体旅行の一時禁止を発表

【重要】 フィリピンでは1月末の時点で中国からの入国禁止措置を実施

1月21日:[フィリピン] コロナウィルス感染の疑いのある女性の 検体分析を実施中とのことを発表

1月28日:[日本] 日本にてバス運転手の感染を確認。(武漢からのツアー客を乗せて運航させていた。)

1月29日:[日本] チャーター機で武漢在住の日本人を救助。

1月30日 : [フィリピン] 中国本土とその特別行政区からの入国を禁止。フィリピン人、永住許可を保有する外国人は,14日間の検疫を開始

1月30日: [フィリピン] 中国人女性のコロナウィルス感染を発表(武漢からの来比者)

1月31日:[中国] 中国での感染者が1万人を超える

1月: [フィリピン] ボラガイを訪れていた中国人約450人を中国に強制帰国

2月2日: [フィリピン] 初の死亡者の確認

2月5日: [フィリピン] フィリピンにおいて3人目の新型コロナウイルス症例を確認したことを発表

2月5日:[日本] ダイヤモンドプリンセスにてコロナウィルスの感染者を確認

2月10日: [フィリピン] 中国,香港,マカオ及び台湾からの入国(入国日前の14日以内に同国・地域に渡航歴のある者を含む)を,一時的に禁止

2月11日:コロナウィルスの名称が決定。 COVID-19(コービッド・ナインティーン)

2月14日: [フィリピン] 台湾からの入国・渡航禁止措置を解除

2月17日: [フィリピン] コロナウィルス対策を厳格に実施する限りイベントの開始可能通知

2月18日: [フィリピン] 指定地域からの来比に対して、フィリピン人や配偶者の方においても14日間の検疫を開始。

2月23日:[韓国] 韓国にて感染者が556人と増加。

2月26日: [フィリピン] 韓国の大邱広域市及び慶尚北道清道郡に係る入国・渡航制限を開始

留学業界、旅行業界や観光業界の方には大打撃に年になりそうですね。。。。

タイトルとURLをコピーしました